いやぁ、どうしよう。このトピック、今日あたり各方面からリアクションが

ありそうなんだよなあ。それに乗っかるみたいでイヤだけど、

でも反応せずにはいられないや。

「丸刈り禁止」の野球部が夏の甲子園出場! 北海道旭川大高です。

高校球児の代名詞でもある青々とした丸刈りをあえて止めたのは、

皆と違うスタイルだと周囲の目が厳しくなるので、より恥ずかしくない

プレーをしなければいけないという意識改革が目的だったそうな。

監督さん、素晴らしい。そしてまた、実力の発揮に髪型など関係ないことを

証明した選手たちもカッコいい。

丸刈りと野球って、本当は全然関係ないんですよね。

刈り込むほどに球が速くなるわけでも、遠くまで飛ばせるわけでもない。

ゆえに丸刈りと野球の必然性を論理的に語れる指導者はどこにもいないはず。

ユニフォームと同様の一致団結という精神論を理解できなくはないけれど、

皆同じという縛りには、僕も高校生の時分から怖さを感じていました。

その一方で、もし件の高校が地区大会で優勝しなければ「それ見たことか」と、

やはり若者にはある程度の不自由さを教えるべきだ論が膨らむかもしれません。

でも、自由って不自由を知ることじゃないかな。

それを若いうちに学んで悪いことは何ひとつないんじゃないかな。

いずれにせよ、誰かが決めた「禁止」項目が少しでも減る社会のほうが

豊かに違いないぞと、いい歳して髪の長い男は心の中で叫ぶのでした。


オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。彼の地より最後のメッセージ。


見る?

読む?

読む?
 
 
CURRENT トピックス
 
 
 
 
 
 
   
 
アーカイブ
順次、修復していきます。しばしお待ちを